戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

柴田恭兵

現在登録されているのは3作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

柴田恭兵の戦国時代劇 出演歴

1988年『武田信玄』出演
大河ドラマ第26作。原作は山岡荘八の小説『武田信玄』と『武田三代』。 武田信玄役は中井貴一。前年の『独眼竜政宗』の高い人気を受け継ぎ、平均視聴率39.2%は、最高視聴率は49.2%を記録した。 各放送の締めは、大井夫人の「今宵はここまでに致しとうござりまする」という科白で共通していたが、これは同年の流行語大賞に選ばれた。
上杉謙信役
幼名は虎千代。通称は平三(読み方 へいざ)。おもな官位は弾正少弼。あだ名は軍神、越後の虎、越後の龍、聖将。号は謙信。改名として長尾景虎→上杉政虎→輝虎→不識庵謙信。 無能とよばれた兄・長尾晴景に代わり家督を継いだあと、越後国を統一。その強さと「禅僧武人」ともよばれる正義感の強さを人に頼られ、関東・信濃を転戦する。 なかでも甲斐の武田信玄と5度にわたって繰り広げた川中島の戦いはあまりに有名。
2014年『軍師官兵衛』出演
2014年放送のNHK大河ドラマ第53作目。
黒田職隆役
改名は小寺職隆、黒田職隆。黒田職隆。別名として満隆(みつたか)、識隆(のりたか)。おもな官位は兵庫助、美濃守。号は宗円。黒田官兵衛の実父である。御着城主である小寺政職(こでらまさもと)に仕え着実に功績を残すことで、小寺の姓を与えられるまでになる。息子・黒田官兵衛が荒木村重により幽閉され音信不通になった際には、一時的に黒田家当主に復帰し、毛利氏と通じていた小寺政職とは袂を分かち、織田家への変わらぬ忠誠を見せ続けた。これにより黒田家への謀反の疑いを晴らし、息子・官兵衛が復帰するまで、黒田家を守りとおすことができた。
1987年『太閤記』出演
1987年1月1日にTBS系列にて放送されたTBS大型時代劇スペシャル。この『太閤記』が第1作となる。語りは仲代達矢。監督は映画監督の岡本喜八。
豊臣秀吉役
戦国の三英傑のひとり(ほか、織田信長、徳川家康)。 幼名は日吉丸。通称は藤吉郎。おもな官位は筑前守・関白(太閤)。あだ名は猿、木綿藤吉、豊太閤。号は豊国大明神(読み方 とよくにだいみょうじん)。改名として木下藤吉郎→秀吉→羽柴秀吉→藤原秀吉→豊臣秀吉。 主君・織田信長の死後、明智光秀や柴田勝家との争いに打ち勝ち、実質的な後継者となる。(信長の正式な後継者は、秀吉が推した三法師(後の織田秀信))。 その後、徳川家康、四国の長宗我部元親、九州の島津義久、小田原の北条氏政・北条氏照、奥州の伊達政宗を次々と降伏させ、天下統一を成し遂げる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

1月10日
大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
6月1日
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
1月5日
大河ドラマ『軍師官兵衛』のキャストがいろいろと斬新過ぎる
6月25日
2014年大河『軍師官兵衛』のキャストを、どこよりも早く予想してみた【秀吉・信長は?】
6月13日
【400年前ですが】戦国武将の名言が現代のサラリーマンの胸にビシビシ刺さるらしい
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook