戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

高杉亘

現在登録されているのは2作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

高杉亘の戦国時代劇 出演歴

1996年『秀吉』出演
大河ドラマ第35作。原作は堺屋太一の小説『秀吉』、小説『豊臣秀長』、、『鬼と人と 信長と光秀』。 豊臣秀吉役を演じた竹中直人のエネルギッシュな演技も好感を呼び、平均視聴率30.5%、最高視聴率37.4%を記録した。 また、秀吉の科白「心配御無用」は当時の流行語となった。
加藤清正役
幼名は虎之助。別名は竹松、夜叉若。おもな官位は主計頭・肥後守。あだ名は地震加藤。豊臣秀吉の子飼いの家臣であり、賤ヶ岳の七本槍の一人。知勇合わせ持つ名将として知られ、朝鮮出兵においても先鋒を務める。 また、加藤清正は行政の面でも非常に評価が高い。築城の名手として、熊本城や江戸城、名古屋城などの築城に携わったり、熊本での農閑期における治水事業(今でいう公共事業にあたる)などにより、今でも神として崇められている。
2007年『明智光秀〜神に愛されなかった男〜』出演
2007年1月3日にフジテレビ系列にて放送されたスペシャルドラマ。主人公の明智光秀役を唐沢寿明、織田信長役を上川隆也が務め、2人の対決が話題をよんだ。演出は西谷弘。
蜂須賀小六役
豊臣秀吉の最古参の家臣のひとり。 本名は正勝。一般的に知られる「小六」は幼名。通称は彦右衛門。官位は従四位下修理大夫。講談や『太閤記』などにより野盗の親玉というイメージが強い人物。 蜂須賀家は尾張国蜂須賀郷を拠点とする土豪で、小六も独立勢力として美濃国の斉藤道三や尾張国の織田信長らに一時的に仕えることもあった。蜂須賀小六といえば、まだ木下藤吉郎と名乗っていた少年時代の豊臣秀吉と矢作橋で出会った逸話が有名だが、これは後世の創作であろうといわれている。 とはいえ、ごく初期から秀吉に仕えていたのは事実で、1566年に行われ秀吉の名を高めた墨俣城の築城にも協力している。その後も、石山合戦な...
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

7月14日
【写真で比較】2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のキャストを実物とくらべてみた
1月9日
【写真あり】こんな兜あり?戦国時代に実在した変わり兜のデザインがぶっ飛んでいる
1月10日
大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
6月1日
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
1月5日
大河ドラマ『軍師官兵衛』のキャストがいろいろと斬新過ぎる
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook