戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

五代高之

現在登録されているのは2作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

五代高之の戦国時代劇 出演歴

1996年『秀吉』出演
大河ドラマ第35作。原作は堺屋太一の小説『秀吉』、小説『豊臣秀長』、、『鬼と人と 信長と光秀』。 豊臣秀吉役を演じた竹中直人のエネルギッシュな演技も好感を呼び、平均視聴率30.5%、最高視聴率37.4%を記録した。 また、秀吉の科白「心配御無用」は当時の流行語となった。
池田恒興役
通称は勝三郎、紀伊守。別名は信輝。号は勝入。 清洲会議での四宿老のひとり(ほか、柴田勝家、丹羽長秀、羽柴秀吉)。織田信長の乳母・養徳院の子。長久手の戦いで戦死。
1988年『徳川家康』出演
1988年1月1日にTBS系列にて放送されたTBS大型時代劇スペシャル。語りは江守徹。監督は降旗康男。
宇喜多秀家役
豊臣政権五大老のひとり(ほかは、徳川家康、前田利家、毛利輝元、上杉景勝)。妻は前田利家の娘で豊臣秀吉の養女となった豪姫。 幼名は八郎。通称は備前宰相。別名を羽柴秀家、豊臣秀家という。号は久福。おもな官位は権中納言、左近衛権中納言、侍従、参議。 宇喜多秀家は1572年に宇喜多直家の次男として誕生、9歳の時に父が死去したが、翌1583年、羽柴秀吉の斡旋で織田信長から遺領相続を許され家督を継いだ。前田利家の娘で秀吉の養女・豪姫と結婚した秀家は、前田・豊臣両家の血縁として特別の扱いを受け、秀吉からも寵愛された。 1585年の紀州征伐をはじめ、1586年の九州征伐、1590年の小田原征伐など...
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

11月30日
【写真あり】濃姫を演じた歴代女優が美人揃いでとにかく強そう
7月14日
【写真で比較】2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のキャストを実物とくらべてみた
1月9日
【写真あり】こんな兜あり?戦国時代に実在した変わり兜のデザインがぶっ飛んでいる
1月10日
大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
6月1日
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook