戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

堀越大史

現在登録されているのは2作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

堀越大史の戦国時代劇 出演歴

2000年『葵 徳川三代』出演
大河ドラマ第39作。平均視聴率18.5%、最高視聴率は22.6%。 第一回で放送された関ヶ原の戦いは、多額の製作費をかけたため完成度が高く、その後のNHK作品(功名が辻、その時歴史が動いた)で、再利用されている。
真田信之役
幼名は源三郎。初名は信幸。別名は一当斎。おもな官位は伊豆守、従五位下。父は真田昌幸、弟は真田幸村(信繁)。 父・昌幸が武田氏に仕えていたため、少年期を武田氏の人質として過ごした。1582年に主家である武田氏が滅亡すると真田家の自領と家名を守るため父・昌幸とともに奮戦した。特に1585年の第一次上田合戦では、徳川方の大軍勢を相手に信之はたった300余人の兵力で勝利するという大金星を挙げた。その後、父・昌幸が豊臣秀吉に仕え、真田家が徳川家康の与力大名となると、昌幸は信之を家康に出仕させた。家康は信之の才を高く買い、重臣・本多忠勝の娘である小松姫を自分の養女とし信之と娶わせた。 そして16...
1981年『関ヶ原』出演
東京放送創立30周年記念番組として、TBS系列局で正月に3日連続放送された大型時代劇。原作は司馬遼太郎の同名小説『関ヶ原』。 演出は高橋一郎・鴨下信一。 特筆すべきは、絶妙な配役をされた豪華俳優陣。なかでも、石田三成役の加藤剛、島左近役の三船敏郎、徳川家康役の森繁久彌の名演は、今でも語り継がれている。
伊東マンショ役
日本最初の天正遣欧使節の代表。マンショは洗礼名であり、本名は祐益。 天正遣欧使節の代表として大友宗麟の名代に選ばれた時、マンショはまだ13歳であった。ローマに渡ったマンショは、教皇グレゴリオ13世と謁見、ヨーロッパの文化や技術を吸収して帰国した。 帰国後、聚楽第で豊臣秀吉と謁見した際には仕官を勧められるも、これを固辞。司祭として、日本やマカオでキリスト教布教と最先端技術の普及に努めた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

2月15日
37人の信長を写真で紹介!織田信長の歴代キャストが豪華メンバーすぎる
2月8日
【写真あり】今川義元を演じた歴代キャストを勝手にランキングしてみた
2月6日
【写真あり】明智光秀を演じた歴代俳優が統一感なさすぎてすごい【大物演歌歌手も演じた】
2月2日
【写真あり】“美濃のマムシ”斎藤道三を演じた歴代キャストがとにかく道三ぽい
12月29日
戦国時代の人気記事 2019年ランキング!
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook