戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

眞島秀和

現在登録されているのは3作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

眞島秀和の戦国時代劇 出演歴

2009年『天地人』出演
大河ドラマ第48作。大河ドラマ史上、はじめて関ヶ原の戦いで敗れた側の武将が主人公となった。
豊臣秀次役
豊臣秀吉の姉・日秀の子で、秀吉の養子となる。 幼名は治兵衛、通称は小一郎・孫七郎。おもな官位は内大臣、関白、左大臣。 あだ名は殺生関白、豊禅閤。 武将としては、小牧長久手の戦いにおいて池田恒興や森長可といった名将が命を落とす失態を演じ、秀吉から強く叱責されるも、その後の合戦では着実に戦功を挙げた。 その後、実子誕生を諦めた秀吉から関白職を譲り受けるのだが、その後、淀殿が鶴松・秀頼を授かると、秀吉から疎まれるようになってしまう。秀頼も自身の地位を危ぶむあまり、心の安定を失い奇行に走るようになったため、ついた異名は「殺生関白」(摂政と殺生を掛けている)。 最後は、秀吉への謀反を疑わ...
2014年『軍師官兵衛』出演
2014年放送のNHK大河ドラマ第53作目。
顯如役
本願寺第十一世法主。各地の大名支配を脅かした一向一揆を掌握しつつ、細川家や公家との姻戚づくりを進めることで、大名に匹敵する支配力を持つ。本願寺教団は顕如の時代に最盛期を迎える。 1570年には織田信長と開戦。将軍・足利義昭、甲斐の武田、近江の浅井、越前の朝倉らと信長包囲網を張り、信長を相手に互角に渡り合う。(織田・本願寺の一連の抗争は石山合戦と呼ばれる) しかし、信玄の死や浅井・朝倉の滅亡により信長包囲網は破綻。顕如率いる本願寺も朝廷に和平の仲介役を依頼。1580年に講和、大阪の石山本願寺を明け渡した。 信長没後、秀吉により京都の七条堀川の地を与えられ、本願寺教団を再興。
2020年『麒麟がくる』出演
大河ドラマ第59作。原作はなく脚本家・池端俊策のオリジナルとなる。ほか脚本は前川洋一、岩本真耶。演出は大原拓ほか。ナレーターは市川海老蔵が務める。
細川幽斎役
細川藤孝でも知られる。幼名は萬吉。通称は与一郎。号は幽斎玄旨。おもな官位は兵部大輔、大蔵卿法印。 将軍・足利義輝に仕えていたが、義輝が松永久秀らに暗殺されると幽閉されていたその弟・義昭を救出し、朝倉義景や織田信長らに助力を頼み将軍任官、室町幕府再興に奔走した。その後、義昭と織田信長の対立が激化すると、細川幽斎は信長に恭順、長岡一帯の支配を任され勝竜寺城の城主となった。なお、この時改称し長岡氏を名乗っている。 信長の家臣となった幽斎は畿内各地を転戦し活躍、のちに明智光秀の与力となり丹波・丹後攻略に尽力した。1582年、上役にして親友の光秀が信長に謀反を起こす。幽斎は光秀から再三協力を求...
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

11月30日
【写真あり】濃姫を演じた歴代女優が美人揃いでとにかく強そう
7月14日
【写真で比較】2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のキャストを実物とくらべてみた
1月9日
【写真あり】こんな兜あり?戦国時代に実在した変わり兜のデザインがぶっ飛んでいる
1月10日
大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
6月1日
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook