戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

井上和行

現在登録されているのは2作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

井上和行の戦国時代劇 出演歴

1965年『太閤記』出演
大河ドラマ第3作。「三姉妹」に続いての幕末もの。原作は吉川英治の小説『新書太閤記』。 当時まだそれほど有名ではなかった緒方拳が主役・豊臣秀吉に抜擢されたが、これが大成功となり、一躍人気を博した。 平均視聴率は31.2%、最高視聴率は39.7%。
佐久間信盛役
織田信長の家臣団の筆頭格。 幼名は牛助。通称は右衛門尉・半羽介・半介。あだ名は退き佐久間。戒名は洞無桂巌、宗祐(法名)。夢斎定盛と号す。 織田信長が幼少のころより仕え、各地を転戦。戦闘においてもっとも難しい殿(しんがり)を得意としたことから、ついた異名は「退き佐久間」。 しかし、主君・信長より19条にもわたる折檻状を唐突に突き付けられ、息子・信栄とともに高野山に追放。帰参を許されず紀伊熊野にて死去した。(息子・信栄は後に帰参)
1973年『国盗り物語』出演
大河ドラマ第11作。原作は司馬遼太郎の『国盗り物語』になるが、ほか司馬遼太郎の『新史太閤記』『功名が辻』『尻啖え孫市』『梟の城』などのエピソードも加えてまとめあげている。 当時まだ若手だった高橋英樹や近藤正臣を起用し、若々しくエネルギーのある演技が好評を博した。 平均視聴率は22.4%、最高視聴率は29.9%。初回視聴率は27.5%。
大久保忠世役
蟹江七本槍、徳川十六神将のひとりに数えられる徳川家康の武将。 通称は新十郎。別名は七郎右衛門。息子は徳川幕府で老中となり初期の幕政で重きをなした大久保忠隣。 若い頃から徳川家康の父・松平広忠に仕え、その後、家康に仕えた。武勇に優れ、特に1573年の三方ヶ原の戦いでは、大敗を喫し城へ敗走したあと、忠世はわずかな手勢だけで武田軍に夜襲をかけ、敵陣を大混乱に陥れたという。これに対し敵総大将・武田信玄は「おそろしき敵かな」と感嘆したと『三河物語』にある。また、1575年の長篠の戦いでも忠世はその働きぶりを織田信長から賞賛されたという。こうした功により家康から遠州二俣城の城主に任ぜられ、さらに...
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

7月14日
【写真で比較】2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のキャストを実物とくらべてみた
1月9日
【写真あり】こんな兜あり?戦国時代に実在した変わり兜のデザインがぶっ飛んでいる
1月10日
大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
6月1日
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
1月5日
大河ドラマ『軍師官兵衛』のキャストがいろいろと斬新過ぎる
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook