戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

田中健

現在登録されているのは4作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

田中健の戦国時代劇 出演歴

1983年『徳川家康』出演
大河ドラマ第21作。「三姉妹」に続いての幕末もの。原作は山岡荘八の小説『徳川家康』。音楽は富田勲。 ドラマの展開がスピーディーでたくさんのエピソードを紹介するため、放送当時は「駆け足過ぎる」という意見もあったが、総じて人気は高かった。 平均視聴率は31.2%、最高視聴率は37.4%。
松平忠輝役
徳川家康の六男で越後高田藩主。幼名は、辰千代。通称は、越後少将。おもな官位は、上総介、従五位下、従四位下、左近衛権少将。 妻は伊達政宗の長女・五郎八姫。家康の六男として誕生した忠輝だが、生母・茶阿局の身分が低かったことや容貌が醜かったことなどから父・家康に終生嫌われたという。誕生したばかりの忠輝は家臣の皆川広照に養育された。その後、順調に出世を果たし1610年には越後高田藩60万石の大封を与えられた。 しかし、1614年の大坂冬の陣の際には留守居役を命じられ、翌年の夏の陣では大和方面の一隊を指揮したものの本戦に遅参、さらに進軍中に将軍・秀忠の旗本を無礼討ちにするなど不行跡があった。そ...
1992年『信長 KING OF ZIPANGU』出演
大河ドラマ第30作。「春日局」以来3期ぶりの戦国時代ものとなった。また、織田信長を主人公に据えたはじめての大河となる。 宣教師ルイス・フロイスの視点で物語は描かれる。なお、ルイス・フロイスは戦国時代研究において第一級の史料となる「日本史」を記したことで広く知られる。
佐久間信盛役
織田信長の家臣団の筆頭格。 幼名は牛助。通称は右衛門尉・半羽介・半介。あだ名は退き佐久間。戒名は洞無桂巌、宗祐(法名)。夢斎定盛と号す。 織田信長が幼少のころより仕え、各地を転戦。戦闘においてもっとも難しい殿(しんがり)を得意としたことから、ついた異名は「退き佐久間」。 しかし、主君・信長より19条にもわたる折檻状を唐突に突き付けられ、息子・信栄とともに高野山に追放。帰参を許されず紀伊熊野にて死去した。(息子・信栄は後に帰参)
2002年『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』出演
大河ドラマ第41作。平均視聴率は22.1%、最高視聴率は27.6%を記録した。 入籍直後の反町隆史(織田信長役)と松嶋菜々子(まつ役)の共演は大きな話題を呼んだ。 また、まつの劇中の科白「わたくしにお任せくださいませ」は流行語にもなった。
佐久間信盛役
織田信長の家臣団の筆頭格。 幼名は牛助。通称は右衛門尉・半羽介・半介。あだ名は退き佐久間。戒名は洞無桂巌、宗祐(法名)。夢斎定盛と号す。 織田信長が幼少のころより仕え、各地を転戦。戦闘においてもっとも難しい殿(しんがり)を得意としたことから、ついた異名は「退き佐久間」。 しかし、主君・信長より19条にもわたる折檻状を唐突に突き付けられ、息子・信栄とともに高野山に追放。帰参を許されず紀伊熊野にて死去した。(息子・信栄は後に帰参)
2011年『戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち』出演
テレビ東京の2011年新春ワイド時代劇として、1月2日に7時間放送。第1部は『信長の野望 浅井・朝倉から毛利へ秀吉と運命の出会い』(視聴率5.9%)、第2部は『本能寺の変~逆襲中国大返し 決戦!関ヶ原の陰謀』(視聴率7.6%)
小早川隆景役
幼名は徳寿丸。別名は又四郎、筑前宰相。おもな官位は中務大輔・参議・権中納言。 毛利元就の三男。小早川家に養子に入り家督を継ぐ。毛利宗家を支え、兄の吉川元春とともに「毛利両川」と呼ばれた。 戦場のみならず政治面での活躍も目覚ましく、黒田官兵衛とともに戦国時代を代表する知将として有名。 豊臣秀吉が、愚物として知られた甥の秀俊(後の小早川秀秋)を毛利輝元に養子としてねじ込もうとすると、隆景が秀俊を引き取ることでこれを阻止した逸話は広く知られている。 のち、毛利輝元とともに五大老のひとりとなる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

11月30日
【写真あり】濃姫を演じた歴代女優が美人揃いでとにかく強そう
7月14日
【写真で比較】2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のキャストを実物とくらべてみた
1月9日
【写真あり】こんな兜あり?戦国時代に実在した変わり兜のデザインがぶっ飛んでいる
1月10日
大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
6月1日
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook