戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

立川三貴

現在登録されているのは5作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

立川三貴の戦国時代劇 出演歴

1983年『徳川家康』出演
大河ドラマ第21作。「三姉妹」に続いての幕末もの。原作は山岡荘八の小説『徳川家康』。音楽は富田勲。 ドラマの展開がスピーディーでたくさんのエピソードを紹介するため、放送当時は「駆け足過ぎる」という意見もあったが、総じて人気は高かった。 平均視聴率は31.2%、最高視聴率は37.4%。
織田信雄役
織田信長の息子(次男)。 幼名は茶筅丸。通称は三介。尊称は御本所。号は常真。北畠家の養子時代は、北畠具豊、信意と名乗り、その後、織田信勝とも名乗った。叔父の織田有楽斎から茶を学び茶人としても知られるだけでなく、能の名手でもあったという。 1558年、信雄は織田信長の次男として誕生したが、1569年に信長が伊勢攻めを行った際、北畠氏との和睦条件として北畠具房の養嗣子となり、北畠氏の家督を相続した。天下統一を目指す父・信長の主な戦いに参加している。1582年、本能寺の変により父・信長が没し、兄・信忠も明智光秀との戦いで横死すると、信雄は織田家の家督を継がんとしたが、信忠の嫡男・三法師(の...
1998年『家康が最も恐れた男 真田幸村』出演
テレビ東京の1998年12時間超ワイドドラマとして、1月2日に放送。主人公・真田幸村と淀殿が恋に落ちるなど史実にはない大胆なストーリーが話題をよんだ。 第1部は『本能寺炎上!信長に挑む反逆児』、第2部は『秀吉死す!恋の仇は天下』、第3部は『対決!関ヶ原父子兄弟、敵味方』、第4部は『風雲!真田十勇士・佐助、才蔵吠える』、第5部は『激闘!大坂冬の陣・幸村ついに起つ』、第6部は『決戦!大坂夏の陣・狙うは家康の首』。 主題歌はさだまさしの『夢一色』。
後藤又兵衛役
後藤基次(ごとうもとつぐ)が本名だが、通称は又兵衛で、一般的には後藤又兵衛の名前でよく知られている。 「黒田二十四騎」「黒田八虎」「大坂城五人衆」「秀頼四天王」「大坂城七将星」のひとりであり、戦国時代屈指の名武将。 黒田孝高(官兵衛、如水)・長政父子に仕え、1600年の関ヶ原の戦いでは黒田長政に従って東軍として参戦し活躍した。その功により戦後、大隈城を預けられ1万6000石の所領を与えられたが、1606年、主君・黒田長政との不和から基次は黒田家を出奔、浪々の身となる。1614年、大坂冬の陣が勃発すると浪人生活を送っていた後藤又兵衛は、豊臣秀頼の招きに応じいち早く大坂城入りを果たし、主...
1997年『徳川の女』出演
1997年3月20日に、テレビ東京系列で放送されたスペシャル時代劇。日光江戸村制作、主役に徳川家康の長女である亀姫を据えるという珍しいストーリーである。監督は舛田利雄。
酒井忠次役
「徳川四天王」の筆頭(ほか、井伊直政、榊原康政、本多忠勝)。また、徳川十六神将の筆頭でもある。 幼名は小平次。通称は小五郎、左衛門尉。号は一智。おもな官位は従四位下左衛門督。松平氏の譜代家臣・酒井忠親の息子(次男)。忠次は元服すると徳川家康の父・松平広忠に仕え、徳川家康が人質として今川家に送られるとこれに同行し、以降、家康に仕え続けた。家康からあつく信頼された酒井忠次は、東三河の武士を統率する重要な役目を与えられ「東三河の旗頭」と呼ばれた(西三河の武士は石川家成のち甥の数正が統率)。 酒井忠次は徳川家康の重臣として、1570年の姉川の戦い、1572年の三方ヶ原の戦いなど家康が関わった...
1992年『戦国最後の勝利者 徳川家康』出演
1992年1月3日にテレビ朝日系列にて放送された新春大型5時間時代劇スペシャル。 監督は枡田利雄、西垣吉春。
本多忠勝役
幼名は鍋之助。通称は平八郎。おもな官位は中務大輔。 徳川十六神将に数えられ、その中でも特に活躍した徳川四天王(ほか、酒井忠次・榊原康政・井伊直政)徳川三傑のひとりでもある。 天下三名槍のひとつ蜻蛉切(とんぼきり) を携え、おもに合戦で活躍。生涯で57回合戦に参加したが、ただの一度もかすり傷ひとつ負わなかったと伝えられる。 その名将・無双ぶりは豊臣秀吉に「日本第一、古今独歩の勇士」「本多忠勝という天下無双の大将がいる」と言わしめるほどであり、小説やゲームなどでも戦国最強として描かれることが多い。
2014年『軍師官兵衛』出演
2014年放送のNHK大河ドラマ第53作目。
佐久間信盛役
織田信長の家臣団の筆頭格。 幼名は牛助。通称は右衛門尉・半羽介・半介。あだ名は退き佐久間。戒名は洞無桂巌、宗祐(法名)。夢斎定盛と号す。 織田信長が幼少のころより仕え、各地を転戦。戦闘においてもっとも難しい殿(しんがり)を得意としたことから、ついた異名は「退き佐久間」。 しかし、主君・信長より19条にもわたる折檻状を唐突に突き付けられ、息子・信栄とともに高野山に追放。帰参を許されず紀伊熊野にて死去した。(息子・信栄は後に帰参)
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

7月11日
【道三・信長】『麒麟がくる』のセリフを集めたら名言集ができた【光秀】
6月16日
【政宗・国盗り】人気戦国大河ドラマを見て麒麟がくるのを待とう!【利家・秀吉】
4月19日
豊臣秀吉を演じた俳優といえば?大河ドラマや映画の歴代秀吉をまとめた!
2月15日
37人の信長を写真で紹介!織田信長の歴代キャストが豪華メンバーすぎる
2月8日
【写真あり】今川義元を演じた歴代キャストを勝手にランキングしてみた
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook