戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

森田順平

現在登録されているのは3作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

森田順平の戦国時代劇 出演歴

1983年『徳川家康』出演
大河ドラマ第21作。「三姉妹」に続いての幕末もの。原作は山岡荘八の小説『徳川家康』。音楽は富田勲。 ドラマの展開がスピーディーでたくさんのエピソードを紹介するため、放送当時は「駆け足過ぎる」という意見もあったが、総じて人気は高かった。 平均視聴率は31.2%、最高視聴率は37.4%。
浅野幸長役
豊臣政権の五奉行筆頭・浅野長政の子であり、紀州藩(紀伊国和歌山藩)の初代藩主である。 幼名は長満(ちょうまん)。初名は長継。改名としては長慶、幸長。おもな官位は左京大夫・従四位下・紀伊守・贈従三位。 父・浅野長政とともに、豊臣秀吉に仕え、天下統一に多大な貢献を果たす。秀吉の死後は、加藤清正・福島正則とともに武断派の中心として、石田光成らの文治派と真っ向から対立。関ヶ原の戦いでも東軍として出陣した。 政権武勇に優れていながら、学問にも熱心であり、諸大名のなかでも存在感を放っていた。
1992年『信長 KING OF ZIPANGU』出演
大河ドラマ第30作。「春日局」以来3期ぶりの戦国時代ものとなった。また、織田信長を主人公に据えたはじめての大河となる。 宣教師ルイス・フロイスの視点で物語は描かれる。なお、ルイス・フロイスは戦国時代研究において第一級の史料となる「日本史」を記したことで広く知られる。
河尻秀隆役
織田信長の家臣でエリート集団「黒母衣衆」の筆頭。美濃国岩村城主や甲斐国府中城主も務めた。通称は与兵衛。別名は重遠、鎮吉。官位は肥前守。 河尻秀隆は織田信長の父・信秀に仕え、信秀没後は信長に仕えた。1558年に信長が弟・信勝(信行)を謀殺した際に実際に信勝を殺害したのが秀隆といわれる。黒母衣衆の筆頭を任せられるほど信長から信頼されていた秀隆は、信長の嫡男・信忠の補佐役も任せられ、1575年の長篠の戦いにも信忠の補佐役として参戦している。特に1582年の甲州征伐での功績は大きく、戦後、その功により信長から甲斐22万石を与えられた。 しかし、1582年の本能寺の変で信長が横死すると旧武田領...
2006年『功名が辻』出演
大河ドラマ第45作。平均視聴率は20.9%。 司馬遼太郎の小説『功名が辻』を原作としながらも、脚本家・大石静は大胆な解釈を加えたことでも話題になった。
酒井忠次役
「徳川四天王」の筆頭(ほか、井伊直政、榊原康政、本多忠勝)。また、徳川十六神将の筆頭でもある。 幼名は小平次。通称は小五郎、左衛門尉。号は一智。おもな官位は従四位下左衛門督。松平氏の譜代家臣・酒井忠親の息子(次男)。忠次は元服すると徳川家康の父・松平広忠に仕え、徳川家康が人質として今川家に送られるとこれに同行し、以降、家康に仕え続けた。家康からあつく信頼された酒井忠次は、東三河の武士を統率する重要な役目を与えられ「東三河の旗頭」と呼ばれた(西三河の武士は石川家成のち甥の数正が統率)。 酒井忠次は徳川家康の重臣として、1570年の姉川の戦い、1572年の三方ヶ原の戦いなど家康が関わった...
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

7月14日
【写真で比較】2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のキャストを実物とくらべてみた
1月9日
【写真あり】こんな兜あり?戦国時代に実在した変わり兜のデザインがぶっ飛んでいる
1月10日
大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
6月1日
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
1月5日
大河ドラマ『軍師官兵衛』のキャストがいろいろと斬新過ぎる
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook