戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

滝田裕介

現在登録されているのは3作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

滝田裕介の戦国時代劇 出演歴

1983年『徳川家康』出演
大河ドラマ第21作。「三姉妹」に続いての幕末もの。原作は山岡荘八の小説『徳川家康』。音楽は富田勲。 ドラマの展開がスピーディーでたくさんのエピソードを紹介するため、放送当時は「駆け足過ぎる」という意見もあったが、総じて人気は高かった。 平均視聴率は31.2%、最高視聴率は37.4%。
安国寺恵瓊役
臨済宗の僧で、僧籍のまま大名になった異色の人物。 「安国寺」とは恵瓊が住持した寺の名である。幼名は竹若丸。法名は恵瓊。号は一任斎。安芸国の守護大名・武田氏の出身といわれる恵瓊は、安芸国の安国寺に入って出家、その後、京の東福寺住持・竺雲恵心に弟子入りした。竺雲恵心が毛利隆元と親交があったことから恵瓊も毛利氏と関わるようになり、やがて持ち前の弁舌をもって毛利氏に仕える外交僧として活躍するようになった。 安国寺恵瓊は時代を見る目に優れており、1573年末頃に織田信長時代の終焉と羽柴秀吉の有望さをつづった将来を予見するような手紙を書いたことは有名だ。1582年、羽柴秀吉による高松城攻めの際に...
1988年『武田信玄』出演
大河ドラマ第26作。原作は山岡荘八の小説『武田信玄』と『武田三代』。 武田信玄役は中井貴一。前年の『独眼竜政宗』の高い人気を受け継ぎ、平均視聴率39.2%は、最高視聴率は49.2%を記録した。 各放送の締めは、大井夫人の「今宵はここまでに致しとうござりまする」という科白で共通していたが、これは同年の流行語大賞に選ばれた。
上杉憲政役
室町幕府の関東管領を務めた山内上杉氏の事実上最後の当主。 上杉謙信を養子にしたことでも知られる。別名は憲当、光徹。法名は成悦、光徹、光哲。官位は兵部少輔。 父・上杉憲房が没したとき憲政はまだ3歳だったため、父の養子・上杉憲寛が家督を継いだが、1531年、憲政はこれを追い出し山内上杉家を継ぐと関東管領になった。当時、後北条氏が武蔵へ進出したびたび上杉軍と交戦していた。憲政はこれに対抗するため、長きにわたり争いを繰り返してきた仇敵・扇谷上杉氏と手を組むことにする。そして、1545年、憲政は扇谷上杉の上杉朝定や古河公方・足利晴氏らとともに8万ともいわれる大軍勢をもって北条綱成が守る河越城を...
1994年『織田信長』出演
テレビ東京の1994年12時間超ワイドドラマとして、1月2日に放送。 第1部は『見参! 尾張の風雲児』、第2部は『宿敵まむしの道三起つ!』、第3部は『奇襲! 桶狭間』、第4部は『将軍危うし! 怒濤の上洛』、第5部は『天下激動! 愛悲し戦国の女たち』、第6部は『壮絶! 本能寺炎上』。 主題歌は吉田拓郎&加藤和彦の『純情』。
浅井久政役
幼名は猿夜叉。通称は左兵衛尉。ほか、新九郎。おもな官位は下野守・宮内少輔。浅井長政や京極マリアらの父である。
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

7月14日
【写真で比較】2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のキャストを実物とくらべてみた
1月9日
【写真あり】こんな兜あり?戦国時代に実在した変わり兜のデザインがぶっ飛んでいる
1月10日
大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
6月1日
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
1月5日
大河ドラマ『軍師官兵衛』のキャストがいろいろと斬新過ぎる
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook