戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

中村雅俊

現在登録されているのは2作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

中村雅俊の戦国時代劇 出演歴

1981年『おんな太閤記』出演
大河ドラマ第19作。 豊臣秀吉の正室である北政所(ねね)を通して、戦国時代を描き、人気を博した。 平均視聴率は31.8%、最高視聴率は36.8%。
豊臣秀長役
豊臣秀吉の実弟。 幼名は小竹。通称は小一郎。ほか、大和大納言ともよばれた。おもな官位は権大納言・美濃守。 兄・豊臣秀吉の天下統一を強力に補佐した、歴史に名を残す「No.2」である。 政権内部の調停役としても実力を発揮する一方、秀永自身が兄に匹敵する戦上手であり、山崎の戦い・四国攻め・九州征伐など天下統一における重要な戦いにおいて、ことごとく多大なる功績を残す。 兄・秀吉に先立ち病死するのだが、秀長が長生きしていれば、朝鮮出兵や秀吉死後の政権内対立は違った結果になったともいわれている。 戒名は、大光院殿前亜相春岳紹栄大居士。
2014年『影武者徳川家康』出演
テレビ東京2014年「新春ワイド時代劇」として1月2日に放送。テレビ東京開局50周年特別企画番組となる。大河ドラマ『葵 徳川三代』を手がけた重光亨彦監督が演出し、ベテラン勢も好演したことから好評だった。主題歌は平原綾香の『What I am -未来の私へ-』。ナレーションは平野啓子。
加藤清正役
幼名は虎之助。別名は竹松、夜叉若。おもな官位は主計頭・肥後守。あだ名は地震加藤。豊臣秀吉の子飼いの家臣であり、賤ヶ岳の七本槍の一人。知勇合わせ持つ名将として知られ、朝鮮出兵においても先鋒を務める。 また、加藤清正は行政の面でも非常に評価が高い。築城の名手として、熊本城や江戸城、名古屋城などの築城に携わったり、熊本での農閑期における治水事業(今でいう公共事業にあたる)などにより、今でも神として崇められている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

7月14日
【写真で比較】2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のキャストを実物とくらべてみた
1月9日
【写真あり】こんな兜あり?戦国時代に実在した変わり兜のデザインがぶっ飛んでいる
1月10日
大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
6月1日
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
1月5日
大河ドラマ『軍師官兵衛』のキャストがいろいろと斬新過ぎる
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook