戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

大鷹明良

現在登録されているのは2作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

大鷹明良の戦国時代劇 出演歴

2005年『国盗り物語』出演
テレビ東京の2005年新春ワイド時代劇として10時間放送した。
斎藤利三役
徳川幕府三代将軍・家光の乳母である春日の局の父としても知られる。 通称は内蔵助。「美濃の蝮」と呼ばれた斉藤道三の息子・義龍に仕え、その後、西美濃三人衆のひとり稲葉一鉄の家臣となったが不仲により一鉄の下を離れ、明智光秀に仕えるようになったという。 光秀の信頼を得た斎藤利三は筆頭家老に任じられ、丹波黒井城の城主となった。1582年、主君・明智光秀は織田信長に対し謀反を計画し、事前に重臣の一部にのみその計画を打ち明けた。利三もその中にいたという。 本能寺の変後、中国征伐から戻ってきた羽柴秀吉と激突(山崎の戦い)、利三は先鋒となり大いに戦ったが秀吉軍に敗れ、敗走した。その後、斎藤利三は捕縛され、...
2007年『敵は本能寺にあり』出演
テレビ朝日系にてスペシャルドラマとして放送。2006年放送の『信長の棺』の完結編となる。監督は三村晴彦。
酒井忠次役
「徳川四天王」の筆頭(ほか、井伊直政、榊原康政、本多忠勝)。また、徳川十六神将の筆頭でもある。 幼名は小平次。通称は小五郎、左衛門尉。号は一智。おもな官位は従四位下左衛門督。松平氏の譜代家臣・酒井忠親の息子(次男)。忠次は元服すると徳川家康の父・松平広忠に仕え、徳川家康が人質として今川家に送られるとこれに同行し、以降、家康に仕え続けた。家康からあつく信頼された酒井忠次は、東三河の武士を統率する重要な役目を与えられ「東三河の旗頭」と呼ばれた(西三河の武士は石川家成のち甥の数正が統率)。 酒井忠次は徳川家康の重臣として、1570年の姉川の戦い、1572年の三方ヶ原の戦いなど家康が関わった...
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

2月15日
37人の信長を写真で紹介!織田信長の歴代キャストが豪華メンバーすぎる
2月8日
【写真あり】今川義元を演じた歴代キャストを勝手にランキングしてみた
2月6日
【写真あり】明智光秀を演じた歴代俳優が統一感なさすぎてすごい【大物演歌歌手も演じた】
2月2日
【写真あり】“美濃のマムシ”斎藤道三を演じた歴代キャストがとにかく道三ぽい
12月29日
戦国時代の人気記事 2019年ランキング!
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook