戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

中原丈雄

現在登録されているのは2作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

中原丈雄の戦国時代劇 出演歴

2012年『のぼうの城』出演
2012年公開の映画。監督は犬童一心、樋口真嗣。主題歌はエレファントカシマシの『ズレてる方がいい 』。
北条氏政役
幼名は松千代丸。通称は新九郎。おもな官位は相模守・左京大夫。後北条氏の第4代当主であり、北条家における実質的な最高権力者として関東一円を支配。北条氏の最盛期を築く。外交では徳川や伊達と良好な関係を築いていたが、対豊臣秀吉での外交に失敗。小田原の役を招いてしまい、北条家は滅亡してしまう。 なお、武田信玄の娘婿で、武田義信や武田勝頼とは義兄弟にあたる。
2006年『信長の棺』出演
2006年11月5日にテレビ朝日系列にて放送されたスペシャルドラマ。原作は26万部のベストセラーとなった加藤廣の『信長の棺』。監督は三村晴彦。 なお、2007年に続編となる『敵は本能寺にあり』が放送された。
蒲生賢秀役
織田信長・豊臣秀吉に仕えた名将・蒲生氏郷の父。官位は左兵衛大夫。近江日野城主。 六角氏の家臣だったが、近江に侵攻してきた織田信長により六角氏が滅ぼされる(観音寺城の戦い)と、信長の家臣となる。このとき、織田軍に人質として差し出された嫡男・鶴千代こそが、後の名将・蒲生氏郷である。 本能寺の変が起こったとき、蒲生賢秀は安土城の留守居であったため、信長の妻・濃姫らを日野城に避難させた。のちに明智光秀が莫大な恩賞により賢秀を勧誘するも、一貫してこれを拒絶して、ろう城した。
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

7月11日
【道三・信長】『麒麟がくる』のセリフを集めたら名言集ができた【光秀】
6月16日
【政宗・国盗り】人気戦国大河ドラマを見て麒麟がくるのを待とう!【利家・秀吉】
4月19日
豊臣秀吉を演じた俳優といえば?大河ドラマや映画の歴代秀吉をまとめた!
2月15日
37人の信長を写真で紹介!織田信長の歴代キャストが豪華メンバーすぎる
2月8日
【写真あり】今川義元を演じた歴代キャストを勝手にランキングしてみた
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook