戦国時代の逸話

豊臣秀頼は巨漢(約161kg)であり、身長は約197cmあった

随筆『明良洪範』において、豊臣秀頼の身長は6尺5寸(約197cm)、体重43貫(約161kg)もあったとされ、現在より平均身長がかならい低い戦国時代において、並外れた巨漢であった。一説には、1611年に二条城で秀頼と会見した徳川家康は、この巨漢ぶりとそれにともなうカリスマ性を恐れ、豊臣家との融和策の撤回を決意したともいわれている。また、秀吉が小柄(身長5尺(約152cmもない))だったため、実子ではないのでは?とも疑われた。

戦国の人物/人物の子孫を共有しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する人物

エピソードを残した人物の横顔

豊臣秀頼
豊臣秀頼
豊臣秀吉と淀殿の息子(秀吉の三男)であり、 幼名は拾丸。おもな官位は権大納言・正二位・内大臣・右大臣。 父・秀吉は後継者である秀頼のために、死去の前に...

戦国の逸話 人気ランキング

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

1月10日
大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
6月1日
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
1月5日
大河ドラマ『軍師官兵衛』のキャストがいろいろと斬新過ぎる
6月25日
2014年大河『軍師官兵衛』のキャストを、どこよりも早く予想してみた【秀吉・信長は?】
6月13日
【400年前ですが】戦国武将の名言が現代のサラリーマンの胸にビシビシ刺さるらしい
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook