戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

山本清

現在登録されているのは2作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

山本清の戦国時代劇 出演歴

1992年『戦国最後の勝利者 徳川家康』出演
1992年1月3日にテレビ朝日系列にて放送された新春大型5時間時代劇スペシャル。 監督は枡田利雄、西垣吉春。
平岩親吉役
徳川十六神将のひとりで、『三河後風土記』の著者ともいわれるが定かではない。通称は七之助。官位は従五位下主計頭。 徳川家康と同年齢ということもあり、家康が今川義元の下へ人質に行った時にもこれに従った。家康とは幼馴染のようだったという。そのため家康からの信任あつく、家康の嫡男・信康が元服するとその傅役に抜擢された。だが1579年、信康は織田信長の命により切腹させられてしまう。信康自害後、親吉は謹慎蟄居したが、家康の要請により再び出仕、家康が関東に入国した際もこれに従い上野厩橋(前橋)に3万3000石を与えられた。 1600年の関が原の戦い後は甲斐国甲府に6万3000石を与えられ、さらに、...
1986年『おんな風林火山』出演
TBSにて放送された時代劇ドラマ。大映テレビ制作。当初20話以上放送される予定だったが、16回で打ち切りとなる。オープニングナレーションは「人の世の定めとは何であろうか? この物語は、戦国の世に生を受け、骨肉の争いを余儀なくされた武田家五姉妹の、その中にあって敵将との純愛を貫き通した松姫の数奇な運命を描く壮大なロマンである」。 第01話『7歳の幼な妻』 第02話『絵姿だけの夫』 第03話『正室の陰謀』 第04話『波瑠姫、無惨!』 第05話『死を呼んだ陰謀』 第06話『正室無念の死』 第07話『幼き恋から大人の愛へ』 第08話『武田信玄 死す』 第09話『命を賭けた密会』 第10話『哀愁...
山県昌景役
武田四天王のひとり(ほかは、馬場信春、内藤昌秀、高坂昌信)。軍装を赤一色にそろえ戦国時代最強を謳われた精鋭部隊「赤備え」を率いた人物としても知られる。 旧名は飯富源四郎。別名は三郎兵衛尉。昌景は武田信玄の近習として仕え、使番のひとりとなり、その後、持ち前の武勇から侍大将に抜擢されると数々の軍功を挙げた。1565年、昌景の兄(叔父とも)・虎昌が信玄の嫡男・義信と謀反を企んだとして自害を命じられるという事件が起こった。そして、この謀反計画を信玄に密告したのは昌景であったと『甲陽軍艦』にある。 事件後、昌景は飯富姓から山県姓に改め、虎昌が率いていた「赤備え」部隊を引き継いだ。小柄だったとい...
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

7月11日
【道三・信長】『麒麟がくる』のセリフを集めたら名言集ができた【光秀】
6月16日
【政宗・国盗り】人気戦国大河ドラマを見て麒麟がくるのを待とう!【利家・秀吉】
4月19日
豊臣秀吉を演じた俳優といえば?大河ドラマや映画の歴代秀吉をまとめた!
2月15日
37人の信長を写真で紹介!織田信長の歴代キャストが豪華メンバーすぎる
2月8日
【写真あり】今川義元を演じた歴代キャストを勝手にランキングしてみた
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook