戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

和田孝

現在登録されているのは2作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

和田孝の戦国時代劇 出演歴

1965年『太閤記』出演
大河ドラマ第3作。「三姉妹」に続いての幕末もの。原作は吉川英治の小説『新書太閤記』。 当時まだそれほど有名ではなかった緒方拳が主役・豊臣秀吉に抜擢されたが、これが大成功となり、一躍人気を博した。 平均視聴率は31.2%、最高視聴率は39.7%。
高山右近役
通称は彦五郎。号は南坊等伯。官位は従五位下・大蔵少輔。キリシタン大名として知られ、ドン=ジュストという洗礼名を持つ。 茶道にも通じ、千利休の七高弟(利休七哲)のひとりとしても有名。初め松永久秀に仕えたが、十五代将軍・足利義昭の直臣である和田惟政が高槻城に入るとこれに仕える。 その後右近は摂津を支配した荒木村重に従い、惟政没後に高槻城主となった和田惟長を逐うと新たに高槻城主となった。 1578年、荒木村重が主君・織田信長に反旗を翻すと、苦悩の末、右近は信長に降伏、開城した。信長没後は羽柴秀吉(豊臣秀吉)に従い厚い信頼を受けたが、バテレン追放令が発せられると高山右近は信仰を守るため領地...
1969年『天と地と』出演
大河ドラマ第7作。原作は吉川英治の小説『新書太閤記』。音楽は富田勲。大河ドラマ初のカラー作品である。 第四回川中島合戦は、当時の大河ドラマとして史上最大規模で行われ、名シーンとして話題を呼んだ。 平均視聴率は25.6%、最高視聴率は32.4%。
新発田重家役
蒲原郡新発田城主。仮名は源太。受領名は因幡守。 はじめ五十公野家を相続し五十公野治長と称したが、兄・長敦の死をうけ新発田家を相続し新発田重家を名乗った。上杉謙信に仕え川中島合戦や関東出兵に参加した。1578年に謙信が後継者を決めぬまま急死したことで2人の養子、景勝と景虎の間で勃発した御館の乱の際、重家は景勝を支持し景勝の相続に大いに貢献した。だが、乱後、重家が期待したほど恩賞はもらえずこれを不満に思った重家は次第に景勝への不満を募らせていった。そして1581年、ついに重家は織田信長と結び景勝に反旗を翻す。 以後、重家と景勝の一進一退の戦いは続いたが、1587年、秀吉の支援を受けた景勝...
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

7月11日
【道三・信長】『麒麟がくる』のセリフを集めたら名言集ができた【光秀】
6月16日
【政宗・国盗り】人気戦国大河ドラマを見て麒麟がくるのを待とう!【利家・秀吉】
4月19日
豊臣秀吉を演じた俳優といえば?大河ドラマや映画の歴代秀吉をまとめた!
2月15日
37人の信長を写真で紹介!織田信長の歴代キャストが豪華メンバーすぎる
2月8日
【写真あり】今川義元を演じた歴代キャストを勝手にランキングしてみた
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook