戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

橋爪功

現在登録されているのは2作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

橋爪功の戦国時代劇 出演歴

1988年『武田信玄』出演
大河ドラマ第26作。原作は山岡荘八の小説『武田信玄』と『武田三代』。 武田信玄役は中井貴一。前年の『独眼竜政宗』の高い人気を受け継ぎ、平均視聴率39.2%は、最高視聴率は49.2%を記録した。 各放送の締めは、大井夫人の「今宵はここまでに致しとうござりまする」という科白で共通していたが、これは同年の流行語大賞に選ばれた。
真田幸隆役
信濃国小県郡真田の領主で武田氏の家臣。真田昌幸の父であり、真田幸村の祖父でもある。 幼名は次郎三郎。通称は源太左衛門、弾正忠。幸綱とも名乗った。号は一徳斎。あだ名は「攻め弾正」「鬼弾正」。信濃国小県郡の名族・海野棟綱の子といわれるが諸説あり定かではない。 1541年、海野平の合戦において真田幸隆は村上義清に敗れ上野国の長野氏を頼って逃れた。その後、信濃への進出を図っていた武田氏に臣従、武田軍の信濃先鋒衆筆頭として活躍し、村上義清に奪われた旧領を回復した。1559年、主君・武田信玄が出家すると幸隆もこれに準じて剃髪し一徳斎と号した。 武田信玄からの信任あつかった真田幸隆は、上杉謙信と...
2011年『戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち』出演
テレビ東京の2011年新春ワイド時代劇として、1月2日に7時間放送。第1部は『信長の野望 浅井・朝倉から毛利へ秀吉と運命の出会い』(視聴率5.9%)、第2部は『本能寺の変~逆襲中国大返し 決戦!関ヶ原の陰謀』(視聴率7.6%)
黒田職隆役
改名は小寺職隆、黒田職隆。黒田職隆。別名として満隆(みつたか)、識隆(のりたか)。おもな官位は兵庫助、美濃守。号は宗円。黒田官兵衛の実父である。御着城主である小寺政職(こでらまさもと)に仕え着実に功績を残すことで、小寺の姓を与えられるまでになる。息子・黒田官兵衛が荒木村重により幽閉され音信不通になった際には、一時的に黒田家当主に復帰し、毛利氏と通じていた小寺政職とは袂を分かち、織田家への変わらぬ忠誠を見せ続けた。これにより黒田家への謀反の疑いを晴らし、息子・官兵衛が復帰するまで、黒田家を守りとおすことができた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

2月15日
37人の信長を写真で紹介!織田信長の歴代キャストが豪華メンバーすぎる
2月8日
【写真あり】今川義元を演じた歴代キャストを勝手にランキングしてみた
2月6日
【写真あり】明智光秀を演じた歴代俳優が統一感なさすぎてすごい【大物演歌歌手も演じた】
2月2日
【写真あり】“美濃のマムシ”斎藤道三を演じた歴代キャストがとにかく道三ぽい
12月29日
戦国時代の人気記事 2019年ランキング!
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook