戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

深水三章

現在登録されているのは1作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

深水三章の戦国時代劇 出演歴

1987年『独眼竜政宗』出演
大河ドラマ第25作。原作は山岡荘八の小説『伊達政宗』。 伊達政宗役は渡辺謙。平均視聴率39.7%は、2012年では歴代第1位である。(最高視聴率は47.8%)。 また、梵天丸(伊達政宗の幼名)の科白「梵天丸もかくありたい」は、ドラマの枠を超えて当時の流行語となった。
木村重成役
おもな官位は正四位上長門守。母が豊臣秀吉の遺児・秀頼の乳母だったことから、木村重成は秀頼の小姓となりともに育った。 豊臣秀頼は幼馴染である木村重成をあつく信頼し、重臣として重用した。1614年、大坂冬の陣が勃発。重成にとっては初陣となる鴫野・今福の戦いは激戦となったが、重成は徳川の大軍を相手に獅子奮迅の働きを見せ、その名は戦場に広まった。 また、講和の際には秀頼から正使に任命され、徳川秀忠の本陣に赴き誓書を受け取っている。その際、木村重成の礼儀正しい姿勢は敵である徳川方から賞賛されたという。 翌1615年、大坂夏の陣が始まると、重成は若江方面に出陣、藤堂高虎、井伊直孝の軍勢を相手に...
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

7月14日
【写真で比較】2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のキャストを実物とくらべてみた
1月9日
【写真あり】こんな兜あり?戦国時代に実在した変わり兜のデザインがぶっ飛んでいる
1月10日
大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
6月1日
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
1月5日
大河ドラマ『軍師官兵衛』のキャストがいろいろと斬新過ぎる
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook