戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

山田純大

現在登録されているのは6作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

山田純大の戦国時代劇 出演歴

2011年『江〜姫たちの戦国〜』出演
大河ドラマ第50作。平均視聴率は17.7%。
佐久間盛政役
幼名は理助。その勇猛さから「鬼玄蕃」とあだ名された。官位は玄蕃允。父は織田信長の家臣・佐久間盛次、母は柴田勝家の姉。織田家筆頭家臣だった佐久間信盛は盛政の叔父にあたる。 佐久間盛政は父と同じく織田信長に仕え、1568年の観音寺城の戦いで初陣を飾ると数多の戦いに出陣し武功を挙げた。特に北陸征討戦での戦いぶりはすさまじく、「鬼玄蕃」というあだ名を付けられ、1580年には加賀一国を与えられると金沢城の初代城主となった。 1582年に本能寺の変で織田信長が没すると盛政は柴田勝家に従い、1583年の賤ヶ岳の戦いでは羽柴秀吉(豊臣秀吉)方の中川清秀を急襲し討ち取るという手柄を立てた。しかし、盛政...
2011年『戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち』出演
テレビ東京の2011年新春ワイド時代劇として、1月2日に7時間放送。第1部は『信長の野望 浅井・朝倉から毛利へ秀吉と運命の出会い』(視聴率5.9%)、第2部は『本能寺の変~逆襲中国大返し 決戦!関ヶ原の陰謀』(視聴率7.6%)
荒木村重役
幼名は十二郎、のちに弥介(弥助)。おもな官位は摂津守、従五位下。利休十哲のひとりで号は道薫。なお、「浮世絵の祖」といわれる岩佐又兵衛は村重の子孫のひとりといわれる。 もともと摂津の池田勝正に仕えていたが、のちに織田信長に仕え、1574年には摂津一国を任され有岡城(伊丹城)城主となった。数々の戦いで武功を挙げ信長に重用された村重だが、羽柴秀吉(豊臣秀吉)とともに中国攻略を行っていた1578年、突如、信長に対し反旗を翻す。一度は明智光秀らの説得に従おうとした村重だが、結局、有岡城に篭城し徹底抗戦の道を選んだ。翌年、村重は単身有岡城を脱出、尼崎で篭城。これに対し信長は、見せしめのため村重の一...
2009年『寧々〜おんな太閤記』出演
テレビ東京の2009年新春ワイド時代劇として、1月2日に10時間放送。第1部は『おかかの務め〜桶狭間から本能寺へ』(視聴率8.6%)、第2部は『天下人の妻』(視聴率6.8%)、第3部は『平和への祈り〜決戦関ヶ原』(視聴率6.9%)。主題歌はさだまさしの『さだまさし』。
加藤清正役
幼名は虎之助。別名は竹松、夜叉若。おもな官位は主計頭・肥後守。あだ名は地震加藤。豊臣秀吉の子飼いの家臣であり、賤ヶ岳の七本槍の一人。知勇合わせ持つ名将として知られ、朝鮮出兵においても先鋒を務める。 また、加藤清正は行政の面でも非常に評価が高い。築城の名手として、熊本城や江戸城、名古屋城などの築城に携わったり、熊本での農閑期における治水事業(今でいう公共事業にあたる)などにより、今でも神として崇められている。
2006年『天下騒乱〜徳川三代の陰謀』出演
テレビ東京の2006年新春ワイド時代劇として、1月2日に10時間放送。原作は池宮彰一郎『天下騒乱 鍵屋の辻』。主題歌は中森明菜の『落花流水』。
松平忠輝役
徳川家康の六男で越後高田藩主。幼名は、辰千代。通称は、越後少将。おもな官位は、上総介、従五位下、従四位下、左近衛権少将。 妻は伊達政宗の長女・五郎八姫。家康の六男として誕生した忠輝だが、生母・茶阿局の身分が低かったことや容貌が醜かったことなどから父・家康に終生嫌われたという。誕生したばかりの忠輝は家臣の皆川広照に養育された。その後、順調に出世を果たし1610年には越後高田藩60万石の大封を与えられた。 しかし、1614年の大坂冬の陣の際には留守居役を命じられ、翌年の夏の陣では大和方面の一隊を指揮したものの本戦に遅参、さらに進軍中に将軍・秀忠の旗本を無礼討ちにするなど不行跡があった。そ...
2014年『影武者徳川家康』出演
テレビ東京2014年「新春ワイド時代劇」として1月2日に放送。テレビ東京開局50周年特別企画番組となる。大河ドラマ『葵 徳川三代』を手がけた重光亨彦監督が演出し、ベテラン勢も好演したことから好評だった。主題歌は平原綾香の『What I am -未来の私へ-』。ナレーションは平野啓子。
真田信繁(幸村)役
幼名は弁丸。通称は源次郎。おもな官位は従五位下・左衛門佐。あだ名は不思議なる弓取り。 一般的には真田幸村で知られるが、史料による裏付けは現在まで見つかっておらず、正しくは「真田信繁(読み方 さなだのぶしげ)」である。 関ヶ原の戦いでは父・真田昌幸とともに西軍として出征。のち、大阪冬の陣では出城「真田丸」に籠り、鉄砲隊を率いて徳川勢に大打撃を与え、夏の陣では家康の本陣に3度突撃するなど、武名をあげた。 その英雄的な活躍は江戸時代以降に講談や小説でたびたび取り上げられ、国民的人気を得ることとなる。ちなみに幸村が従える真田十勇士は架空の人物たちであるが、モデルも一部存在する。 徳川の武...
2016年『信長燃ゆ』出演
テレビ東京2016年「新春ワイド時代劇」として1月2日に放送。原作は安部龍太郎『信長燃ゆ』。監督は重光亨彦。
徳川家康役
戦国の三英傑のひとり(ほか、織田信長、豊臣秀吉)。 幼名は竹千代。通称は次郎三郎。おもな官位は右大臣(内府)・将軍。号は東照大権現(読み方 とうしょうだいごんげん)。改名として松平元信→元康→家康→徳川家康。 応仁の乱から100年以上続いた無政府状態(戦国時代)に終止符を打った。
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

7月14日
【写真で比較】2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のキャストを実物とくらべてみた
1月9日
【写真あり】こんな兜あり?戦国時代に実在した変わり兜のデザインがぶっ飛んでいる
1月10日
大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
6月1日
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
1月5日
大河ドラマ『軍師官兵衛』のキャストがいろいろと斬新過ぎる
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook