戦国作品に出演した俳優(男優、女優)

西田敏行

現在登録されているのは9作品になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国関連の出演作品

西田敏行の戦国時代劇 出演歴

1981年『おんな太閤記』出演
大河ドラマ第19作。 豊臣秀吉の正室である北政所(ねね)を通して、戦国時代を描き、人気を博した。 平均視聴率は31.8%、最高視聴率は36.8%。
豊臣秀吉役
戦国の三英傑のひとり(ほか、織田信長、徳川家康)。 幼名は日吉丸。通称は藤吉郎。おもな官位は筑前守・関白(太閤)。あだ名は猿、木綿藤吉、豊太閤。号は豊国大明神(読み方 とよくにだいみょうじん)。改名として木下藤吉郎→秀吉→羽柴秀吉→藤原秀吉→豊臣秀吉。 主君・織田信長の死後、明智光秀や柴田勝家との争いに打ち勝ち、実質的な後継者となる。(信長の正式な後継者は、秀吉が推した三法師(後の織田秀信))。 その後、徳川家康、四国の長宗我部元親、九州の島津義久、小田原の北条氏政・北条氏照、奥州の伊達政宗を次々と降伏させ、天下統一を成し遂げる。
2000年『葵 徳川三代』出演
大河ドラマ第39作。平均視聴率18.5%、最高視聴率は22.6%。 第一回で放送された関ヶ原の戦いは、多額の製作費をかけたため完成度が高く、その後のNHK作品(功名が辻、その時歴史が動いた)で、再利用されている。
徳川秀忠役
徳川幕府第2代将軍。 幼名は竹千代成。おもな官位は、征夷大将軍、右大臣、太政大臣、武蔵守。父は徳川幕府初代将軍となった徳川家康、母は側室の西郷局。秀忠は三男であったが、長兄の信康は織田信長の命により自害、次兄の秀康も豊臣秀吉の養子(のちに結城氏を継いだ)になっていたため、秀忠が世子となった。 秀忠は恐妻家としても知られ、正室である江(於江与)に頭が上がらず、生涯ひとりの側室も持たなかった。だが、側女のひとりが秀忠の子を産んでおり、秀忠は密かにその子を保科氏に養子に出している(のちの保科正之)。 1600年の関ヶ原の戦いでは秀忠は徳川軍の主力部隊を率いて東山道を上ったが、途中、信濃国...
2006年『功名が辻』出演
大河ドラマ第45作。平均視聴率は20.9%。 司馬遼太郎の小説『功名が辻』を原作としながらも、脚本家・大石静は大胆な解釈を加えたことでも話題になった。
徳川家康役
戦国の三英傑のひとり(ほか、織田信長、豊臣秀吉)。 幼名は竹千代。通称は次郎三郎。おもな官位は右大臣(内府)・将軍。号は東照大権現(読み方 とうしょうだいごんげん)。改名として松平元信→元康→家康→徳川家康。 応仁の乱から100年以上続いた無政府状態(戦国時代)に終止符を打った。
1988年『武田信玄』出演
大河ドラマ第26作。原作は山岡荘八の小説『武田信玄』と『武田三代』。 武田信玄役は中井貴一。前年の『独眼竜政宗』の高い人気を受け継ぎ、平均視聴率39.2%は、最高視聴率は49.2%を記録した。 各放送の締めは、大井夫人の「今宵はここまでに致しとうござりまする」という科白で共通していたが、これは同年の流行語大賞に選ばれた。
山本勘助役
武田信玄についた、戦国時代屈指の軍師。 武田二十四将のひとりであり、武田五名臣のひとり(ほか、原虎胤、小畠虎盛、横田高松、多田三八郎)
2012年『女信長』出演
2013年4月に、フジテレビにて2夜連続放送された大型時代劇。豪華がキャスト陣で放送前から話題を呼んだが、視聴率は振るわなかった。
織田信秀役
通称は三郎。あだ名は尾張の虎、器用の仁。織田信長の父である。美濃の斎藤道三と激しい戦いを繰り広げた。
2011年『戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち』出演
テレビ東京の2011年新春ワイド時代劇として、1月2日に7時間放送。第1部は『信長の野望 浅井・朝倉から毛利へ秀吉と運命の出会い』(視聴率5.9%)、第2部は『本能寺の変~逆襲中国大返し 決戦!関ヶ原の陰謀』(視聴率7.6%)
豊臣秀吉役
戦国の三英傑のひとり(ほか、織田信長、徳川家康)。 幼名は日吉丸。通称は藤吉郎。おもな官位は筑前守・関白(太閤)。あだ名は猿、木綿藤吉、豊太閤。号は豊国大明神(読み方 とよくにだいみょうじん)。改名として木下藤吉郎→秀吉→羽柴秀吉→藤原秀吉→豊臣秀吉。 主君・織田信長の死後、明智光秀や柴田勝家との争いに打ち勝ち、実質的な後継者となる。(信長の正式な後継者は、秀吉が推した三法師(後の織田秀信))。 その後、徳川家康、四国の長宗我部元親、九州の島津義久、小田原の北条氏政・北条氏照、奥州の伊達政宗を次々と降伏させ、天下統一を成し遂げる。
1998年『織田信長 ~天下を取ったバカ~』出演
原作は坂口安吾の『信長・イノチガケ』。
斎藤道三役
あだ名は美濃の蝮。 幼名は峰丸。通称は新九郎。法蓮房、松波庄九郎、長井規秀、斎藤利政など多くの別名を持つ。 道三は、僧侶から油商人となり己の才覚をもって謀略を駆使し、美濃一国の「国盗り」を成し遂げた下克上大名の典型といわれる人物である。だが、近年ではこの「国盗り」は道三1代で成し遂げたものではなく、その父・西村新左衛門尉と2代にわたって行われたといわれている。 1533年、父・新左衛門尉が死去し、その主人である長井長弘も世を去ると、道三は長井家の家督と所領を乗っ取り、1538年には美濃守護代・斎藤利良が病死すると今度は斎藤の名跡を継ぎ、翌年、斎藤氏の居城だった稲葉山城に入城し大改築...
2014年『影武者徳川家康』出演
テレビ東京2014年「新春ワイド時代劇」として1月2日に放送。テレビ東京開局50周年特別企画番組となる。大河ドラマ『葵 徳川三代』を手がけた重光亨彦監督が演出し、ベテラン勢も好演したことから好評だった。主題歌は平原綾香の『What I am -未来の私へ-』。ナレーションは平野啓子。
徳川家康役
戦国の三英傑のひとり(ほか、織田信長、豊臣秀吉)。 幼名は竹千代。通称は次郎三郎。おもな官位は右大臣(内府)・将軍。号は東照大権現(読み方 とうしょうだいごんげん)。改名として松平元信→元康→家康→徳川家康。 応仁の乱から100年以上続いた無政府状態(戦国時代)に終止符を打った。
2014年『信長協奏曲』出演
フジテレビの月9枠で放送。原作は、石井あゆみの漫画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』(ゲッサンにて連載)。2014年、フジテレビは開局55周年プロジェクトとして、『信長協奏曲』をテレビアニメ、テレビドラマ、実写映画と3媒体で同時企画をする。原作漫画は第57回小学館漫画賞少年向け部門受賞、「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」7位。
斎藤道三役
あだ名は美濃の蝮。 幼名は峰丸。通称は新九郎。法蓮房、松波庄九郎、長井規秀、斎藤利政など多くの別名を持つ。 道三は、僧侶から油商人となり己の才覚をもって謀略を駆使し、美濃一国の「国盗り」を成し遂げた下克上大名の典型といわれる人物である。だが、近年ではこの「国盗り」は道三1代で成し遂げたものではなく、その父・西村新左衛門尉と2代にわたって行われたといわれている。 1533年、父・新左衛門尉が死去し、その主人である長井長弘も世を去ると、道三は長井家の家督と所領を乗っ取り、1538年には美濃守護代・斎藤利良が病死すると今度は斎藤の名跡を継ぎ、翌年、斎藤氏の居城だった稲葉山城に入城し大改築...
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国ガイドとは

戦国時代をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

戦国をもっと深く知る

戦国大名・武将の子孫
あの武将の末裔が意外な活躍を…!?
話題・タグ
話題ごとに戦国の武将や大名、名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる戦国武将達の共通点
逸話
教科書には載ってなかった武将の意外な一面
肖像画・画像
有名武将の肖像画から無名武将の関連画像まで
大河ドラマ・映画・ドラマ
戦国をテーマにした映像作品
戦国作品 出演俳優
イメージ通りの武将を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる戦国の新たな魅力
戦国作品 出演声優
武将の新たな魅力を演じる声優たち

戦国ガイドブログ最新記事

7月14日
【写真で比較】2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のキャストを実物とくらべてみた
1月9日
【写真あり】こんな兜あり?戦国時代に実在した変わり兜のデザインがぶっ飛んでいる
1月10日
大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
6月1日
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
1月5日
大河ドラマ『軍師官兵衛』のキャストがいろいろと斬新過ぎる
戦国のトリビアを紹介!戦国ガイドブログ版

戦国ガイドFacebook