大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた

2016年大河の真田丸。人気脚本家・三谷幸喜が描く戦国時代。注目のキャストと現代に残る肖像画を並べてまとめています。

まずは主役。
真田幸村の名で知られる真田信繁
肖像画はこちら。
真田信繁の肖像画
「日の本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と賞賛された武将。
知力と武力を兼ね備え、天下人・徳川家康をたびたび追い詰めた獅子奮迅の活躍は、まさに伝説。

一方で、今回の大河では家族への愛情あふれる面も描くとのこと。
キャストは、もちろんこの方。
堺雅人(『真田丸』での真田信繁役)

堺雅人

猛々しさはあまりないですが、早稲田大学出身のにじみだす知性は知将のイメージにぴったり。優しい眼差しを家族に向けている姿も想像がつきます。



並べてみましょう。

真田信繁の肖像画と堺雅人の比較(『真田丸』キャスト)





次。
真田信繁が尊敬していた兄の真田信幸
肖像画はこちら。

真田信幸の肖像画
深い皺をその顔に刻んでいることからわかるように、相当な苦労人。
父や弟がたびたび徳川に反抗するなか、真田のお家がなくならないように、事後処理に奔走。
長生きして93歳まで生きるも、後継者に恵まれなかったため、90歳を越えて隠居から復帰せざるを得なくなど、最後まで苦労が絶えませんでした。

そんな苦労人を演じるのが、
大泉洋(『真田丸』での真田信幸役)

大泉洋

調整役というイメージはあまりありませんが、周りへの気遣いがある印象。板挟みにあって右往左往する姿は目に浮かびます。



並べてみましょう。

真田信幸の肖像画と大泉洋の比較(『真田丸』キャスト)
目元が似てる。




ちなみに、嫁は戦国最強の猛将といわれる本多忠勝の娘・小松姫
肖像画はこちら。
小松姫の肖像画


キャストはこの方、
吉田羊(『真田丸』での小松姫役)

吉田羊

猛将の血を受け継いで気が強そう。
大泉洋を尻に敷いているのが目に浮かび、これも気苦労の種になりそうです。



並べてみましょう。

小松姫の肖像画と大泉洋の比較(『真田丸』キャスト)
顔の系統が似てる。

 


次。
真田兄弟の父、真田昌幸
肖像画はこちら。

真田昌幸の肖像画
豊臣秀吉をして、天才と言わしめた武将。
戦国時代指折りの知将、はかりごとの名人といったイメージ。大泉洋と堺雅人の父親となるわけですが、キャストはこの方。
草刈正雄(『真田丸』での真田昌幸役)

草刈正雄

顔が濃いです。
顔が濃すぎて、何考えてるか腹の底が読めない感じではあります。



並べてみましょう。

真田昌幸の肖像画と草刈正雄の比較(『真田丸』キャスト)


ちなみに、草刈正雄は1985〜86年のNHK大型時代劇『真田太平記』にて真田信繁役を務めました。20年経ち、今回信繁の父になるというのも興味ぶかいです。

20年前の草刈信繁がこちら。

草刈正雄(『真田太平記』での真田幸村役)
とんでもなくイケメンです。あと、濃い。

せっかくなので、堺雅人と並べてみましょう。
 

新旧・真田信繁のキャスト比較(『真田丸』の堺雅人と『真田太平記』の草刈正雄)
堺雅人も凛々しさでは負けていません。

 


次。


真田幸村といえば真田十勇士。
なかでも一番人気といえば、忍者・猿飛佐助
架空の人物ともモデルがいるともいわれていますが、今治駅前には銅像まで建つ人気ぶり。


猿飛佐助(戦国BASARA)
肖像画がないので人気ゲーム・戦国BASARAより。
忍者らしく神出鬼没。ふだんは何やってるかわからなくても、ここぞで活躍する頼りになる幸村の右腕。


というわけで、堺雅人はこの方を頼りにします。
藤井隆(『真田丸』での佐助役)
神出鬼没の芸人、

藤井隆

たしかに普段なにやってるかわからない感じではあります。



並べてみましょう。

猿飛佐助のゲームキャラと藤井隆の比較(『真田丸』キャスト)
あ、あれ、意外に似てる…?

 




次。
真田幸村が戦いを挑む人たちを紹介しましょう。
最大の敵といえば、もちろん徳川家康


徳川家康の肖像画

この肖像画は、家康が武田信玄との戦いに大敗を喫した直後に、その悔しさを忘れないよう描かせたもの。真田信繁のパワフルな攻勢にたびたび苦しめられた家康。そのたびに、きっとこんな表情をしていたはず。

堺雅人の攻撃に苦しめられるのはこの方。
内野聖陽(『真田丸』での徳川家康役)

内野聖陽

表情豊か。脂が乗った俳優さんです。これは楽しみ。


並べてみましょう。

徳川家康の肖像画と内野聖陽の比較(『真田丸』キャスト)
お、これもなんか似てる。けっこう特徴を捉えたキャスティングです。


次。
家康の天下取りに欠くことのできない人物が二人います。

武の本多忠勝
本多忠勝の肖像画

智の本多正信
本多正信の肖像画

本多忠勝は戦国最強の武将ともいわれ、獅子奮迅の活躍をみせます。過去の大河ドラマでは髙田延彦などが演じるなど肉体派のイメージ。
一方の本多正信は、いわゆる参謀。刀だけでは天下取りはかないません。騙しあいといった汚れ仕事は正信の出番。歴代大河では神山繁などが演じるなどしました。

内野家康の天下取りに重要な役。演じるのはこの方たち。
藤岡弘、(『真田丸』での本多忠勝役)
本多忠勝に

藤岡弘、



近藤正臣(『真田丸』での本多正信役)
本多正信に

近藤正臣

これはすごい揃え方をした。

藤岡弘、は初代仮面ライダーですが、もともとは高名な武道家の父をもち、その技を受け継いだ武道家です。
その常人離れしたオーラで海外からも尊敬を集め、映画監督のジェームス・キャメロンとは「キャメロン」「サムライ」と呼び合い親交を温めているとか。


一方の近藤正臣は、爽やかな演技から龍馬伝山内容堂での怪演まで自在に演じ分ける名優。密室での内野家康とのやりとりは見応えがあること間違いなし。


並べてみましょう。

本多忠勝の肖像画と藤岡弘、の比較(『真田丸』キャスト)

本多正信の肖像画と近藤正臣の比較(『真田丸』キャスト)


ほかのキャストも要注目です。豪華。
・真田信繁のパートナー きり:
長澤まさみ
・真田信繁の姉 松:
木村佳乃
・真田信繁の母 薫:
高畑淳子
武田信玄
林邦史朗
武田勝頼
平岳大
・穴山梅雪:
榎木孝明
小山田信茂
温水洋一
北条氏政
高嶋政伸
上杉景勝
遠藤憲一
直江兼続
村上新悟
織田信長
吉田鋼太郎
明智光秀
岩下尚史
阿茶の局
斉藤由貴
服部半蔵
浜谷健司(ハマカーン)
・石川数正:
伊藤正之
豊臣秀吉
小日向文世
茶々
竹内結子
鈴木京香
石田三成
山本耕史
大谷吉継
片岡愛之助
ここらへんはまたあらためて紹介します。

なかなかに味わい深いキャストが揃った2016年の大河ドラマ『真田丸』。真田幸村という戦国のヒーローを真正面から取り上げるので注目が集まっています。楽しみです!


ブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ 戦国時代ブログランキングへ

戦国ブログ 最新記事

【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
織田VS毛利が本格化して、盛り上がりをみせるNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』。なかでも、ひときわ注目を浴びているのが荒木村重。織田信長に反旗をひるがえしたのは有名だけど、その後の人生は意外なほど知られていません。今回は荒木村重の謀反の"その後"を紹介します。
2014-06-01 16:33:43
大河ドラマ『軍師官兵衛』のキャストがいろいろと斬新過ぎる
遂に放送開始の2014年大河ドラマ『軍師官兵衛』。巷のキャスト予想をいい意味でも悪い意味でも裏切った、斬新過ぎるキャスティングについてまとめてみました。
2014-01-05 18:06:13
2014年大河『軍師官兵衛』のキャストを、どこよりも早く予想してみた【秀吉・信長は?】
戦国時代を舞台にした2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』。発表済のキャスト陣やこれまでの大河ドラマの傾向をふまえ、秀吉や信長が誰になるかを大胆予想してみました。
2013-06-25 09:35:08
【400年前ですが】戦国武将の名言が現代のサラリーマンの胸にビシビシ刺さるらしい
戦国の武将や大名が生きたのはもう400年も前のことですが、彼らの言葉は現代人、なかでもサラリーマンにどうやら刺さるらしい。なるべく現代語でまとめてみました。
2013-06-13 02:00:56
【画像で比較】三谷幸喜映画『清須会議』のキャストと肖像画を較べてみた
2013年11月、戦国ファン注目の映画が公開されます。三谷幸喜脚本、監督の『清須会議』。そのキャスト陣と現代に残る肖像画を較べてみました。
2013-05-19 10:06:30
戦国時代の名言を定期配信しています

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
★いまココ★ 戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
【おすすめ】江戸時代のトリビア満載ブログ
Edo Guide (English Version)
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上
コメント