魚介系の変わり兜一覧


エビが好き、だけどカニはもっと好き

戦国時代の兜『黒漆塗蟹形兜(くろうるしぬりかになりかぶと)』
戦国時代の兜『黒漆塗蟹形兜(くろうるしぬりかになりかぶと)』。画像引用元:ソードジャパン
頭のうえにカニがドーンと乗っかる斬新さ。脇立がカニのハサミになっているというのもとってもクールです。ハサミ部分は木製なので、先端部分がちょっと欠けています。

噛みつかれてますよ

江戸時代の兜『鉄錆地文珠菩薩打出胸腰取二枚胴具足』
江戸時代の兜『鉄錆地文珠菩薩打出胸腰取二枚胴具足』。画像引用元:文化遺産オンライン
あのー、兜にお魚が2匹噛みついてますよ……

こちらの魚は魚ではなく、冒頭で紹介した兜にもなっていた「鯱(しゃち)」という想像上の生き物。鯱は守り神としても信仰を集めたので、兜のモチーフとしても人気でした。それはわかるんですが、なんというかちょっとシュールですよね……。

スポンサーリンク


これ……兜なの?

江戸時代の兜『鉄錆地文珠菩薩打出胸腰取二枚胴具足』
江戸時代の兜『鉄錆地栄螺形兜(てつさびじさざえなりかぶと)』。画像引用元:戦国武将変わり兜図鑑
立派なサザエです。サザエの兜は先にもご紹介しましたが、こちらは徹底的にサザエのリアルさにこだわった兜です。よーく見ると貝の表面の模様まで丁寧に再現されています。徳川御三卿のひとつ「田安家」の伝来品だそう。

ホタテをなめるなよ〜

戦国時代の兜『鉄五枚張朱漆塗帆立貝形兜(てつごまいばりしゅうるしぬりほたてがいなりかぶと)』
戦国時代の兜『鉄五枚張朱漆塗帆立貝形兜(てつごまいばりしゅうるしぬりほたてがいなりかぶと)』(安土桃山時代)。画像引用元:文化遺産オンライン
ホタテ *:.。..。.:* ミ ☆

ドストレートにホタテ。シンプル・イズ・インパクト。

貝みみ?

戦国時代の兜『割蛤張懸兜(わりはまぐりはりかけかぶと)』
戦国時代の兜『割蛤張懸兜(わりはまぐりはりかけかぶと)』(安土桃山時代)。画像引用元:岩国美術館
うさ耳? いいえ、貝みみです。耳みたいに見えるのは半分に割ったハマグリの貝殻

デザインは変わっていますが、ブラック×ゴールドのシックなカラーリングで上品な雰囲気を醸し出しています。

うさ耳っぽい兜が登場したので、今度はうさ耳系兜をご紹介。ここまでにもうさ耳兜はいくつか登場しましたが、まだまだあるんです。

うさ耳系の変わり兜一覧


ゆるキャラもかぶるカワイイ系兜

山内豊昌所用の兜といわれる『兎耳形兜(うさみみなりかぶと)』
山内豊昌所用の兜といわれる『兎耳形兜(うさみみなりかぶと)』(江戸時代?)。画像引用元:江戸東京博物館
コロンとしたフォルムが愛らしい

子どもにも人気が出そうなうさ耳兜です。ツルツルの質感もいい感じ。この兜は土佐藩4代藩主・山内豊昌のものといわれています。ちなみに、こちらの兜は高知城歴史博物館の人気ゆるキャラ「やまぴょん」もかぶっているんです。

やまぴょん(高知城歴史博物館の人気ゆるキャラ)
画像引用元:高知城歴史博物館

よく聞こえそう

戦国時代〜江戸時代の兜『朱漆塗桃形兜(しゅうるしぬりももなりかぶと)』
戦国時代〜江戸時代の兜『朱漆塗桃形兜(しゅうるしぬりももなりかぶと)』(安土桃山〜江戸時代)。画像引用元:五風十雨
ちょっと変化球のうさ耳兜。赤!黒!というシンプルな色味でとっても目立つ。さらにこの耳だから、さぞかし人目をひいたでしょう。

ぴーん

江戸時代の兜『兎耳脇立小星兜(うさみみわきだてこぼしかぶと)』
江戸時代の兜『兎耳脇立小星兜(うさみみわきだてこぼしかぶと)』。画像引用元:文化遺産オンライン
こちらはまごう事なきうさ耳。しかもなにかを警戒しているかのようにぴーんと真上に伸びており、緊張感が漲っています。

ひかえめタイプ

戦国時代の兜『兎耳形兜(うさみみなりかぶと)』
戦国時代の兜『兎耳形兜(うさみみなりかぶと)』。画像引用元:文化遺産オンライン
ほかに比べると小さめなうさ耳。これはこれでかわいらしい。うさ耳兜には月の前立がセットになっていることが多いのですが、こちらも美しい月が輝いています。

うさ耳があるならば、ネコ耳だってある。

これがホントの猫侍?

戦国時代の兜『名称不明』
戦国時代の兜『名称不明』(安土桃山時代)。画像引用元:上田市立博物館
可愛すぎ。ネコ。この兜は徳川家康が家臣の松平信一(のぶかず)に拝領したものなのですが、家康さん意外とカワイイもの好きだったようです…というわけではありません。

残念(?)ですが、これはネコ耳じゃなくて、ミミズクを模したものなのだとか。

さてお次はざっくり動物系兜。

戦国ブログ 関連記事

戦国ブログ 最新記事

あわせて読みたい 江戸・幕末記事